スワップポイントの基礎の基礎

【そもそもスワップ(swap)とは?】

スワッ(swap)プとは、もともとは英語で「交換」を意味する単語です。 金融においては、「スワップ取引」や「スワップ金利」という用語で使われています。 FXにおいては、「スワップ金利」以外に「スワップポイント」とも呼ばれています。

基本的にFXは、安く買った外貨を高いときに売ることで利益を出していますが、 これ以外にも利益を得る方法があります。それがスワップポイントというものです。 FXの初心者だけでなく、上級者トレーダーにも、たくさんの「スワップ派」が存在します。 スワップを得ることを目的とした取引は「スワップ運用」などと呼ばれています。


【スワップの仕組み】

日本が低金利国であることは有名ですが、低金利国である日本では、 効率よくスワップを得ることができます。これは低金利国で高金利国の通貨を買うと、 大きな金利差が生まれるためです。

低金利国である日本で高金利通貨を買って保持しているだけで、 金利差による利益を得ることができるというわけです。 このスワップポイントによる利益の積み上げも、FXの人気の理由です。


【通貨間の金利差調整】

スワップポイント派異なる通貨間で生じる金利差調整分として生じます。 2通貨間で生まれる金利差から、その差額がスワップポイントとして得ることができます。