IFO注文の特徴

FXを取引する際にはIFO注文という取引方法があります。 IFO注文はIFD注文とOCO注文を組み合わせたものになります。

IFDは指値注文と逆指値注文を組み合わせて注文できる方法です。

またOCOは2つの注文を出すことができて、 どちらか一方の注文が確定したらもう一方の注文はキャンセルされるという仕組みのものです。

IFO注文の特徴はIFD注文とOCO注文の両方を使うことができるので、

いろいろな設定を一度でできるという点にあります。利益の特定や損切り、 新規の購入まで全て自動的にすることができます。

IFO注文の特徴

IFO注文をしておけば常に相場を確認する必要はありません。 自動的に買いや売りをしてくれます。 一回の注文で3つのことが同時に出来て、設定さえしておけば後は全て自動で売買が行われます。

常に市場の動きを見て取引をしたいという人には向かないかも知れませんが、 保険として使うこともできます。 またいつも動きを見ていることができない人には便利な注文方法だと思います。