逆指値注文のメリットとデメリット

逆指値注文とは?

逆指値注文とは指値注文と同じく、 待ち伏せタイプの注文方法です。 「ストップロス」のために使われるため、 「ストップロスオーダー」とも呼ばれています。

その名のとおり指値注文とは逆の注文方法で、 現在の為替レートよりも「価格が落ちたら売りたい」 「上昇したら買いたい」といったときに利用します。

逆指値注文のメリットとデメリット

指値注文は「利益のために安く買って高く売る」のが基本となりますが、 逆指値注文は「損失を防ぐために高くなったら買っておいて、 安くなったら売る」というリスク回避の考えが基本になります。

逆指値注文のメリットは損切り注文として利用できること。 FXでは為替レートが自分の予想とは違う動きをすることがあり、 そのときに上手くロスカットをしないと損失が生じます。 この損失を防ぐためにも逆指値注文で損切りをすることができます。 反対にタイミング(特に為替レートが下落している状態)によっては、 スリップページが発生するので注意しましょう。

スリップページが発生するとスプレッドが広がり、 通常より不利な条件で約定します。 そのためFX取引する際はスプレッドが狭い、約定率が高いFX業者を選ぶのも大事です。 いろんなFX業者のスプレッドを比較してみるのも大事ですよ。