FXの取引時間帯とその特徴

外国為替の取引時間には大きく分けて、
オセアニア時間
アジア時間、
ロンドン時間、
ニューヨーク時間と4つの時間帯があり、
それぞれの時間帯で為替の値動きにも特徴があります。

各地域の時間帯

オセアニア時間 04:00~15:00 NZ・豪
アジア時間 08:00~18:00 日本・シンガポール
ロンドン時間 16:00~03:00 英国・ドイツ
ニューヨーク時間 21:00~07:00 アメリカ
※上記は米国冬時間です夏時間になると1時間早まります。クリックすると各時間帯の特徴が確認できます。

オセアニア時間は市場参加者が非常に少ないため為替の動きが非常にこまごまとしています。 ほとんど動かないときもありますが、行ったり来たりの相場になりますので下げたところで買って わずかな利益で売ってを繰り返すだけでも利益が出たりします。

アジア時間では、前日の値動きの調整の時間となりがちですので前日が上がったのであれば売られやすく、 前日が下がったのであれば買われやすい時間帯になります。

ロンドン時間、ニューヨーク時間となると市場参加者が圧倒的に多くなりますので トレンドに逆らわずに順調に値動きがすすみ、ニュースに非常に敏感に反応することが多い時間帯になります。 それぞれ値動きの仕方が違いますので自分にあった取引時間はどこになるのかを分析することが重要です。 ではそれぞれの時間帯の特徴を見ていきましょう。