経済指標発表時の特徴

FXと経済指標は密接な関係があるということはFXをやる人全ての人が知っていることだと思います。 もちろん重大な経済指標であればあるほど相場の動きが激しくなるということも皆が知っていますね。

ではどのように指標発表が為替に影響を与えるのでしょうか?

指標発表3分前の値動きをよく確認してみましょう。 小さく動いている場合にはこの後に発表される指標結果によって大きく左右される可能性があります。

指標発表前にすでに大きく動いている場合には、 その後の指標発表がどうであれ、あまり影響が出ないことが多いです。

発表される経済指標が影響度の小さい指標であればなおさらです。 指標発表前に実施しておきたいことは、指値を上下2つともに入れておくという方法があります。

現在のレートから少し離れたところに売りと買いの両方の指値を入れておきます。 指標発表後にどちらかにレートが動くのか分かりますので、 反対方向に入れていた注文をはずして注文が約定するのを待つのです。

注文が約定しないこともありますが、大きく動く場合には約定しますので、 約定してしまえばこちらの利益になるという仕組みになります。

指標発表3分前の値動きと、発表前の取引方法については自分なりのポリシーを 持って取り引きをすることにしましょう。

また経済指標が発表された後については、相場の動きには十分に注目してあげて、 指標発表後の動きに耐えられるように損切りやドテン取引などさまざまな対策をしておきましょう。

指標発表後の値動きは、予想以上に激しく動くこともあります。 いきなり100pips以上の値動きをした後にその後、元の値に戻るということもまれにあります。 指標発表後の値動きは非常に読みにくいですので常に注目をしておく必要があります。

常に注目をしておく必要もありますが、 逆に重要指標発表前後は値動きが激しすぎるので取り引きをしないという選択肢も考えられますね。 安全に勝ちを重ねて行きたいのであれば重大指標発表後の取り引きについては控えるようにしましょう。